健康的で自然な勃起をするために必要な要素とは

クラチャイダムゴールドドリンク

「なぜ勃起をするのか?」

勃起する意味、その最大の目的は<生殖>です。

少し重い話に聞こえるかもしれませんが、生物としては”それが全て”と言えます。

ただし、ある意味で勃起は”過程”に過ぎません。

勃起とは、精子を卵子出会わせるための<射精>をするために必要な機能になります。

快楽のために勃起や射精を楽しむのは、人間と一部の哺乳類です。

他の生物にとっては、勃起も射精も”生殖行為のための反応”に過ぎません。

そうは言っても、「もっと楽しみたい!」と思うからこその人間なわけです。

「うまく勃起できない・・・」という悩みも、おそらく人間ならでのものだと思います。

昨今では、そういった人達のために「薬」も開発されています。

しかし、できることならば”自然”なカタチで勃起したいはずであり
健康を考えた際にも、また”気持ちよさ”を考えた際にも<ナチュラル勃起>が理想です。

ここでは、衰えてきた・弱くなってきた勃起力を取り戻すために必要な
基礎的な要素となるものを、様々な角度から整理していきたいと思います。

あらゆる角度から勃起力の底上げが必要

おそらく、勃起に関する悩みを抱えているか方というのは”若くはない”と思います。

若い時期のインポテンツというのは、その多くが”心因的”なものであるため
ここでは、あくまで肉体的な要素に絞って解説していきたいと思います。

加齢による勃起力の低下というのは、加齢による身体機能の低下が根本にありますが
「絶対値の回復」はもちろん、勃起のために必要な要素を総合的に底上げすることが必要です。

まずは”興奮できる”感覚を取り戻すこと

勃起のきっかけと言えば、「性的な興奮」です。

何か”スイッチを押す要素”がなければ、勃起することはありません。

何もない時に「勃て!」と思うだけで勃起させるのは、若い方であっても難しいはずです。

かつて”なんとなく勃っちゃう”時には、必ず「えっちなこと」を想像していたはずなのです。

何らかのきっかけによって、勃起のスイッチが押されることが必要なのです。

そういった刺激を、日常的に受ける・感じることが必要なのです。

何よりも大切なことです。

中年以降のインポテンツには、「慣れ」と「諦め」も影響しています。

  • ある程度のことは見たし経験した
  • いい年になったし
  • 勃ったところで・・・何があるわけでもない

そういったことによって、身も心も”不感症”となってしまっているのです。

もう一度、「思春期の感覚」を取り戻すことが必要です。

そしてそれは、恥ずかしがっていたら取り戻せないものです。

この時点に問題がある場合には、「トンカットアリ」といった
”興奮するための食材”を、利用していくことが必要なケースもあります。

トンカットアリもしっかり配合された「VITOX-α」の解説ページへ

勃起するために必要な栄養素

健康的で自然な勃起するためには、”勃起できる体作り”も必要です。

そして、この栄養素を考えた際には「勃起力につながる成分」に加えて
もう1つ、「精子を作るために必要な成分」を取り入れることが大切です。

せっかく勃起しても、射精できる精液がなければ意味がありません。

そもそも十分な精液があるから、勃起できるとも言えます。

精液の量と精力というのは、基本的に比例します。

誰しも、若い頃には「溜まり過ぎて力がみなぎっている」という経験があるはずです。

勃起と精子は、お互いに補完関係にあると考えましょう。

ここで言う”精子”とは、「精液周辺の器官」という意味もあります。

まずは「足りない」ものを補う

巷で言われる「勃起に効く栄養素」というのは、様々な種類がありますが
そもそも、生きるため・体を作るために必要な栄養が欠けていては元気な勃起はできません。

つまり、基本的には「全部の栄養素」が必要です。

「バランスのいい食事」というのは、最低限必要なものです。

それができない人のために、「サプリ」といったアイテムがあります。

いい年になれば、好き嫌いに罪悪感はなくなってしまうものです。

大人の食生活には、必ず偏りがあります。

まずは”足りないもの”を、補填することが必要です。

一般的な「いわゆる栄養ドリンク」には、「滋養強壮」と呼ばれる効能が記載されています。

これは”弱っている場所がなんとなく元気になる”という意味であり、
こういったアイテムに関しても、飲まないよりは飲んだ方がいいと思われます。

ただし「糖分」もたっぷり入っているため、やはり基本的にはサプリをおすすめします。

また、勃起のためにはあらゆる栄養素が必要ですが”とればとるほどいい”とは限りません。

そうであれば、「太っている大食漢」はインポにはならないはずなのです。

しかし肥満傾向にある人というのは、もれなくEDの傾向があります。

「血行」を意識した健康的な栄養摂取が必要

そもそも勃起とは、ペニスに血液が集まっておきる現象です。

そのため「血行」という要素は、大きな鍵を握るものになります。

そして「ちんこの血行」とは、「体全体の血行」を反映したものです。

つまり「動脈硬化」や「高血糖」の状態というのは、”勃ち”が悪くなって当然なのです。

血行の改善、昨今の健康ブームの根本にあるものであり、勃起にもメリットがあります。

  • オメガ3
  • オリーブオイル
  • アマニ油

といったものを、前向きに取り入れていくと同時に
「血液に悪い食べもの」を、減らすことも考えていくことが大切です。

太る・血行が悪くなる原因のほとんどが、暴飲暴食なのです。

精液のための栄養素

冒頭でも述べましたが、勃起とは精液を出すための機能です。

精子と精液は異なるものであり、精液に含まれる精子の割合は実は非常に少ないです。

もちろん、精子の量は「男のバロメーター」であり多い方が健康的です。

精子というのは、「人間の素」です。

それを作るためには、体を構成するあらゆる栄養素が必要です。

とは言っても、精子自体は

  • アミノ酸
  • 亜鉛
  • アルギニン
  • テストステロン

・・・etc

と、核となる成分はある程度絞られます。

そして、これらは「精力剤」や「勃起サプリ」の定番成分です。

そういったアイテムを利用することが、合理的であることは確かだと言えます。

ただし、ここでも本来は”トータルバランス”が重要です。

亜鉛の代謝にはビタミンCが必要であり、同時に摂取することが望ましいです。

またアルギニンを届けるためには、上記したように血行がスムーズであることが必要です。

勃起と栄養素を考えた際には、

  • まずは不足する成分を補うこと
  • 勃起にフォーカスを当てた成分を摂ること

この2つが鍵になると言えます。

また”興奮すること自体”に問題がある場合には、”トンカットアリ”といった
「強壮剤」や「催淫剤」と呼ばれる成分も、取り入れていく必要があります。

いずれにしても、自分の勃起過程の”どこ”に問題があるかを整理しておきましょう。

ZELUX

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

思春期から勃起について勝手に追求していく中でバイアグラの過剰摂取によって死にかける。

その経験から”ナチュラルで健康的な勃起”の大切さに気がつき「ぼっきすと-勃起人-」として開眼。

以後も「自らの体で証明する」という信念を曲げることなく
「全てのインポの勃起」を願いながら今日もどこかで勃起に励んでいる。

ここでは書きづらい奥儀と日常を綴ったブログ