<朝勃ち>する毎日を取り戻す方法-とても重要な意味のある「夜間陰茎勃起現象」の役割とは-

クラチャイダムゴールドドリンク

「痛くて目が覚める」

「おしっこがしたいのに勃起したまま」

そんな記憶を懐かしく思う日が来るとは・・・

”勃ち”が悪くなる、勃起不全の傾向が見え明確に始める頃には
いつしか<朝勃ち>をしなくなっていることに、気づくこととなります。

最期に朝勃ちしたのはいつだろう?

思い出せないということは、少なくとも最近ではないということです。

そもそも、いちいち覚えないほどに”当たり前”だった現象というのは
しなくなってからどれくらいたったのか?ということも、正確には覚えていないものです。

そうして、徐々にEDの症状は重くなっていくのです。

もう一度朝勃ちがしたい

毎日できるようになりたい

あの感覚を取り戻したい

どうすれば、また朝勃ちを繰り返す日々を取り戻せるのでしょうか?

とても重要な意味を持つ朝勃ちの仕組み

朝勃ちが、ふつうの勃起”と異なる最大の点が「性欲」と関連していない点です。

「性的な刺激」を受け興奮することで、”いわゆる勃起”は始まります。

一方で朝勃ちは”無意識”に始まり、”いつの間にか”勃っているものです。

朝勃ちとは、正式には「夜間陰茎勃起現象」と呼ばれます。

勃起現象には、まだ分かっていないことも多く
こと夜間陰茎勃起現象は、未だに度々従来の考えが覆されており
確かなことというのは、なかなかはっきり言えないことが現実です。

しかし、夜間陰茎勃起現象が起きる重大の理由の1つとして
その真の目的としては、「ちんこのメンテ」であると考えられています。

陰茎海綿体に血液を充電させ、”正常な勃起機能”を保つために起きるものであると。

ちんこというのは、使っていなければ劣化してしまうものです。

そういったことも想定して、劣化を防ぐために定期的に勃起させているのです。

また、まだ「精通(精液の製造)」が始まっていない年齢でも起きることがあるのは
いつの日か必要な射精に備えて、”勃起の練習”をしていると考えられています。

たとえ性的な刺激を受けなくても、”来るべきタイミング”のために準備しているのです。

いずれにしても、朝勃ちとても重要な意味のある現象と言えます。

また”早朝”にかかわらず、寝ている間には定期的に勃起現象が起きています。

朝起きて気づいた時に、たまたま勃っているものを”朝勃ち”と呼んでいるにすぎません。

睡眠というものが、その”深さの質”によって

  • レム睡眠(眠りが浅く脳が活発)
  • ノンレム睡眠(眠りが深く脳が鎮静)

の2つに分かれることは、多くの方がご存じと思われます。

この2つは、1度の眠りで90分間隔で入れ替わると考えられています。

朝勃ちは、眠りの浅い「レム睡眠時」に起きるものであり
目が覚めるということは、眠りが浅いということであり
勃起している時に、起床しやすくなるのは当然のことでもあります。

「いい朝勃ち」をすることが重要

体の健康状態をそのまま反映している

あらゆる健康状態のバロメーター

朝勃ちには、そんなイメージがある方も多いと思いますが
実は60歳以上の”老人”と呼ばれる人にも、夜間陰茎勃起現象が見られます。

ただし、若い人と異なるのは、ノンレム睡眠(深い)時にするということです。

これは身体反応として”あべこべ”であり、身体機能が壊れていると考えられます。

また実は朝勃ちというのは、”そうそうなくならないもの”でもあります。

気付いていない間に起こっている可能性もあり、神経質になる必要はありません。

ただし、あくまで「正しい朝勃ち」をすることが大切であることは間違いありません。

”する”ことが大切であり、”正しくする”ことはもっと大切なのです。

朝勃ちは、下半身の”メンテナンス”を担っている現象でもあるのです。

「健康」と「内面」の両方が大切

勃起現象は、未だに謎に包まれている部分も多いですが
それが起きる際には、「神経」が大きな役割を関わっていることは間違いありません。

興奮を脳に伝えるのも神経であり、

そして、こと夜間陰茎勃起現象には「自律神経」が大きく関わります。

自律神経とは、

  • 交感神経
  • 副交感神経

の2つで構成されている、”無意識”の身体機能に関わる神経です。

内臓を動かしたり、体温を調節してくれている存在です。

睡眠時のレム睡眠・ノンレム睡眠の切り替えにも関わっており、
自律神経(神経全般)が”やられている”際には、うまく機能しないのは当然のことです。

上記したように、”朝勃ちがおかしくなってきている”際には
自律神経を含めた、神経事情全体に問題があると考えましょう。

神経が”いかれてしまう”典型的な理由が、”糖尿病による神経障害”であり
糖尿病の進行過程に起きる勃起不全の、理由そのものでもあります。

興奮が脳にうまく伝わらず、また脳からの勃起の指令が陰茎に伝わっていないのです。

人はなぜ勃起するのか?-ペニスが膨らむ理由と仕組みとは-

”リラックスしてから”寝ることを心掛ける

たとえ”肉体的には”問題がなくても、自律神経にトラブルを招くこともあります。

その典型的な理由が、「ストレス」です。

ストレスは、あらゆる点で、あらゆる勃起現象にマイナスを生みます。

正常な朝勃ちをするために必要なこととは、”眠りの質を高めること”です。

正常な睡眠時に、正常な夜間陰茎勃起現象は起きるのです。

そして、そのために必要なものが「睡眠前のリラックス」になります。

そもそも、勃起時に活発になる副交感神経を優位にするためには
リラックスが欠かせないものであり、リラックスしなければ勃起はできないのです。

朝勃ちから遠ざかっている人というのは、もれなくストレスを抱えているはずであり
ストレスの軽減だけで、また戻って来ることも珍しくはありません。

本当に勃起に必要なのは、「心身の健康」という何よりも単純で何よりも大切なものだけです。

ZELUX

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

思春期から勃起について勝手に追求していく中でバイアグラの過剰摂取によって死にかける。

その経験から”ナチュラルで健康的な勃起”の大切さに気がつき「ぼっきすと-勃起人-」として開眼。

以後も「自らの体で証明する」という信念を曲げることなく
「全てのインポの勃起」を願いながら今日もどこかで勃起に励んでいる。

ここでは書きづらい奥儀と日常を綴ったブログ