男性ホルモン”テストステロン”の分泌を増やす方法や効果的なサプリと注意すべきデメリット(副作用)-男の更年期の克服-

クラチャイダムゴールドドリンク

「男性ホルモン(主にテストステロン)」の分泌が活発であることは、
それだけで”勃起しやすい状態”であり、下半身が健全に機能するために必要なことです。

男性ホルモンとは、何よりも下半身を支える”別格”と言える存在です。

男性ホルモンの”スイッチ”が入る、いわゆる成長期には

体毛が濃くなる

筋肉が付きやすくなる

という体の変化が起き、「ペニス」や「睾丸」も肥大し「精子」の製造が始まります。

外見的な成長期が終わった後にも、精子は作り続けられるものであり
勃起や性的な衝動は、生涯にわたって男性ホルモンによって起きるものです。

身長を伸ばすしたりする成長ホルモンは、分泌される時期が限られますが
”筋トレ等の成果を反映するタイプの成長ホルモン”は、男性ホルモンと同じく常に作られています。

これらは、20代をピークに減少する一方ですが
だからこそ、その分泌を維持・増やすことは、勃起にとって非常に重要な要素となります。

性を楽しみたいのであれば、性ホルモンに満ちた体を作ることが必要なのです。

男性ホルモンは<引き出す>もの

テストステロンとは、ある意味で”成分”であり、何よりも「勃起成分」と言えるものです。

しかしながら、他の勃起成分とは”関連性が高い”とも”別次元のお話”とも言えます。

”ホルモン”という分泌物が、圧倒的な存在であることもその理由です。

「亜鉛」も「アルギニン」も、いくら摂取しようがテストステロンの力には敵いません。

そして、男性ホルモンは直接的に摂取できるものではありません。

強壮剤系のアイテムに含まれる「トンカットアリ」といった、
”テストステロンを増やすことにつながる成分”も、あることは確かですが
体質によって合う・合わないがあり、外部から取り入れるのは根本的な解決になりません。

トンカットアリも配合している「ヴィトックスαエキストラエディション」の解説記事

※トンカットアリを含む、強壮剤に含まれる成分は
”きっかけ”として利用することは、非常に有効なものであり
「サプリ」の場合には、用法・容量を守って利用する限り問題はありません。

「筋トレ=ちんトレ」という図式は鉄板

”自分の体が持つ機能”として、テストステロンを<引き出す>ことを考えましょう。

「アルギニン」がEDの改善や精力を上げるために効果的な理由

上記記事で紹介している、勃起成分の代表とも言える”アルギニン”は
男性ホルモンの原料となる成分であり、また分泌のスイッチを入れる成分になります。

男性ホルモンを他の成分で考える際には、アルギニンがその中心になります。

もちろん、アルギニンだけで男性ホルモンの状態を保つことはできませんが
間違いなく”サポート”となるものであり、積極的な摂取を意識するべき成分です。

更にアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す効果があります。

これは「筋トレ」の結果に、顕著に見られる現象です。

”筋肥大”を目的とした筋トレを、効率的に実践するために
アルギニンを摂取するべきなのは、トレーニーの間では常識的なことです。

そして筋肉(力)もまた”ペニス”と同じく、極めて男性的な要素と言えます。

「筋トレ+アルギニン=成長ホルモン」

という図式は、下半身の機能にも間違いなくメリットを与える過程です。

これは「性欲」と「精力」の話と同じく、”鶏と卵”の関係です。

どちらかと引き出すことで、自然とどちらかが引き出されやすくなるのです。

やはり、「筋トレ=ちんトレ」なのです。

※参考記事 :性欲がどうしても沸かない時はどうすればいい?

「男の更年期」を乗り越えるためにも男性ホルモンの活性化は有効

男性ホルモンに左右される最たるものが、なんと言っても”性欲”です。

性欲が沸く・沸かないは、基本的に男性ホルモンの分泌状態を反映します。

そして男性(成長)ホルモンは、加齢によって確実に減少していきます。

そのため、加齢に伴って性欲が沸かなくなるのは自然なことです。

少なくとも、その”絶対値”が減っていくことを避けることはできません。

そのため、<食い止める>という表現が正しいのかもしれません。

一方で、何等かのトラブルによって急減しているのであれば、復活させることもできます。

昨今、「男性の更年期障害」が注目されています。

”更年期障害”と言えば、中年以降の女性特有の症状ですが、その原因は女性ホルモンの減少です。

そして性ホルモンの減少が、身体機能を狂わせるのは男女共に同じことです。

その結果とも言えるトラブルが、女性だけでなく男性にも起こることが常識となってきています。

その症状は女性と同じく”動悸”や”ほてり”、それらに加えて「ED」も含まれます。

まさに、”EDは男の更年期障害”と言える典型的な症状なのです。

下半身が元気だと体全体が元気になる

思春期~20代の男性の”勃ち”がいいのは、ひとえに”ホルモンの分泌量が多いから”です。

健康状態に関しても、同じことです。

つまり、ホルモンの分泌を刺激することが健康の維持にもつながります。

たとえ”下半身の活性化”が目的だとしても、そのメリットは非常に多いと言えます。

世の中には、”ホルモン療法”と呼ばれるものがあります。

更年期障害が”重い”人が受ける治療になりますが、劇薬であり副作用も多いです。

可能であれば、日常生活の中で実践していくことが理想です。

食生活に問題があるのであれば、ぜひ「サプリ」を活用して欲しいと思います。

精力系のサプリは、その効果を実感しやすく”コスパ”が高いアイテムです。

何よりも、配合されている栄養素の種類が多いことから
トータルバランスを考えた際にも、ぜひおすすめと言えます。

過剰摂取を避ければ、副作用を気にする必要はありません。

ZELUX

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

思春期から勃起について勝手に追求していく中でバイアグラの過剰摂取によって死にかける。

その経験から”ナチュラルで健康的な勃起”の大切さに気がつき「ぼっきすと-勃起人-」として開眼。

以後も「自らの体で証明する」という信念を曲げることなく
「全てのインポの勃起」を願いながら今日もどこかで勃起に励んでいる。

ここでは書きづらい奥儀と日常を綴ったブログ