精力と性欲の違いと関係~勃起するためには両方が必要~

クラチャイダムゴールドドリンク

”勃起力”を語る際には、「精力」とセットになることが一般的です。

精力が体に満ちている状態は、

みなぎる

たぎる

という言葉で表現されることがありますが、これらはそのままペニスの状態としても使われます。

勃起と精力とは、切り離して考えることはできません。

というのも、

精力とは「生きる力」という意味に加えて、「繁殖能力」を指すものでもあります。

そして、繁殖には

  • 性欲
  • 勃起

この2つが不可欠です。

一般的に「動物」と呼ばれる生物は、一定の周期で「発情期」を迎えます。

この発情期は「繁殖期」と重なるものであり、繁殖には発情が必要であるということです。

そして、まるで”プログラミングされたよう”に交尾を行います。

発情期が訪れ、勃起することで生殖が叶い
発情期が訪れない、勃起ができなくなることで、繁殖をしなくなります。

加齢による精力の低下、それに伴う勃起力の喪失は、まさに自然の摂理です。

人間に関して言えば、発情とは「欲情」と呼ばれることも多く
いずれにしても、”性欲が沸き上がるタイミング”と考えることができます。

交尾(SEX)に必要な勃起には、性欲と精力の両方が不可欠であり
どちらがかけてもうまくいかないものであり、性欲と精力は補完関係にあると言えます。

性欲と勃起を支える「生きる力」

”精力”と言う言葉を使う際には、単純に「体力」を現わすこともあれば
「精力的」というように、”向き合い方”を現わすこともあります。

ただし”生きる力そのもの”と考えた際には、<繁殖(生殖)>という要素が避けられません。

生物の存在理由とは、「子孫を残し続けること」という考えもあります。
(古い考え方かもしれませんが、娯楽を持たない動物の生きる目的は”それだけ”とも言えます。)

そして、繁殖能力(オス側)に不可欠なのが”勃起”です。

勃起力は、精力に支えられているものであり
性欲というきっかけによって、”精力の限り”勃起することができます。

しかし人間に関しても、上記したように加齢による勃起力の低下は避けられないものです。

  • 性欲が低下すること
  • 勃起力が低下すること

このどちらが先なのかは、人によって異なりますが
だからこそ、その段階において精力の力が必要になります。

生きる力(精力)とは、性欲と勃起力の支えとなるものなのです。

一般的に、「精力剤」と呼ばれるアイテムは
性機能を増強することを目的としているものがほとんどです。

それらは主に、円滑な「性行為」を目的として服用するものであり
「滋養強壮」に有効な、疲労回復・血行促進を中心とした効果のある成分が配合されています。

”何よりも大切なこと”のために研究され続けてきたものであり、
こういったアイテム全般に言えることが、基本的に”新しいもの”がおすすめということです。

精神的な要素も精力と性欲そして勃起に影響を与える

しかしながら、精力剤とは”あくまで肉体的なサポート”です。

今や常識的なことになりますが、性欲や勃起力は「メンタル」の影響を大きく受けるています。

そもそも、ストレスをはじめとしたメンタルトラブルは精力を奪うものでもあります。

”うまくいかなく”なって、当然なのです。

こういったことから、最近ではメンタルのケアを考えた精力サプリも見られ
「トリプトファン」といったリラックス成分を配合したアイテムも増えています。

健康的な勃起ができる体とは、精神的にも健康であること必要なのです。

一方で、性欲と精力はそれ単体でも発生するものでもあります。

  • 体調が悪いけどムラムラする
  • 心身共に健康で前向きだけど精力はあまりない

後者の場合にはそれほど問題のない、ある意味で”楽な生活”と言えますが
前者のようなケースというのは、非常にアンバランスな異常な状態と言えます。

いわゆる「疲れマラ」は、自律神経の異常が原因です。

まずは体の健康が第一であり、

  • 精力とは健康な体に沸くものであること
  • 精神的なマイナスポイントがないこと
  • 性欲が沸く環境を持っておくこと

これこそが、当サイトが求める健康的な勃起の条件になります。

ZELUX

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

思春期から勃起について勝手に追求していく中でバイアグラの過剰摂取によって死にかける。

その経験から”ナチュラルで健康的な勃起”の大切さに気がつき「ぼっきすと-勃起人-」として開眼。

以後も「自らの体で証明する」という信念を曲げることなく
「全てのインポの勃起」を願いながら今日もどこかで勃起に励んでいる。

ここでは書きづらい奥儀と日常を綴ったブログ